top of page

3/13「大学が学術出版をする意義と方向性(4)新オープンアクセス方針に対応する出版オプションとしてのJIG」

更新日:2月28日

研究・イノベーション学会「大学経営研究懇談会」では定期的に大学が出版機能を担う意義について考える研究会を開催しております。 

第4回は、日本語にも対応した 世界初のオープンリサーチ出版である「Japan Institutional Gateway (JIG)」を題材に健全な学術コミュニケーションの発展のための出版のあり方や大学の貢献について考えてまいります。 

 

1.開催日時 

2024/3/13(水)18:00-19:00(オンライン) 

 

2.講演者 

森本 行人氏(筑波大学URA研究戦略推進室 副室長) 

「新オープンアクセス方針に対応する出版オプションとしてのJIG~Japan Institutional Gateway (JIG))の事例紹介~」 

 

山之城 チルドレス 智子 氏(Taylor & Francis Group Business Development Manager) 

「新OA方針に対応している点、Affiliate機関になるメリット」 

 

設楽成実 氏(京都大学東南アジア地域研究研究所 助教) 

「紀要編集者ネットワークDOAJ収録申請支援の紹介」 

  

3.参加申込 

次の入力フォームに必要事項をご入力ください。(参加費:無料) 

研究・イノベーション学会員以外の方もご参加いただけます。 


件名”【参加申込受理・Zoom】3/13「大学が学術出版をする意義と方向性(4)”というメールにて参加に必要なZoom情報と諸注意をお送りいたします。24時間以内に案内がない場合はお手数ですが「問い合わせ先」に記載しておりますフォームにてその旨、ご連絡ください。  


4.問い合わせ先 

研究・イノベーション学会 大学経営研究懇談会 幹事 原田隆 

 

5.  主催・共催 

主催:研究・イノベーション学会 大学経営研究懇談会 

共催:紀要編集者ネットワーク 

 

6.謝 辞 

本研究会は次の支援を受けております。 

科研費基盤研究(C)23K02501 研究代表者:白川展之 

「大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす人文社会科学研究への逆機能性に関する研究」 

最新記事

すべて表示

3/18「イノベーションエコシステムの形成とステークホルダー間の協働のあり方: mercari R4Dにおける研究開発とデータセット提供に関する取組」

株式会社メルカリの研究開発組織「mercari R4D」は、産学官といったコミュニティの枠を超えて共に課題発掘を行いながら、循環型社会への実現に向けて、社会実装を目指した研究開発を行うことを目的に2017年に設立されました。取り組みのひとつとして、フリマアプリ「メルカリ」の出品データを大学等へ無償で提供するなど、学術コミュニティ全体への貢献を目指した活動も行っております。 本研究会では、R4Dの事

「学術コミュニケーションと出版」  研究・イノベーション学会第38回  年次学術大会 企画セッション  

2023年度、研究・イノベーション学会「大学経営研究懇談会」(「本懇談会」)は「大学が学術出版をする意義と方向性」をテーマとしたオンライン研究会を定期的に開催してきた。本セッションは、これまでの活動を踏まえ出版を「学術コミュニケーション」の手段の1つと捉え、学術出版の意義、状況や評価の変遷、そして今後の展望についてディスカッションを行う。 1. 開催日時:2023年10月23日(月)18:30〜2

Comments


bottom of page