top of page

「大学が学術出版をする意義と方向性(2)」2023/4/20(木) 18:30‐19:30(オンライン開催)

主催:研究・イノベーション学会 大学経営研究懇談会

共催:紀要編集者ネットワーク


研究・イノベーション学会「大学経営研究懇談会」では定期的に大学が出版機能を担う意義について考える研究会を開催しております。第2回目は、機関リポジトリを利用した電子ジャーナル「地域生活学研究」を題材にして


・国際ジャーナルに偏重した評価が大学、研究者に与える影響

・学術コミュニケーションのあり方

・学術論文のオープンアクセス化の意義と大学、研究者コミュニティに期待される役割


について参加者とディスカッションします。


1.開催日時

2023/4/20(木) 18:30‐19:30 オンライン開催

2.講演者 

富山大学 学術研究部 人文科学系 准教授 

鈴木晃志郎 氏


3. 参加申込

次の入力フォームに必要事項をご入力ください。(参加費:無料)


4.問い合わせ先

研究・イノベーション学会 大学経営研究懇談会 幹事

原田 隆 harada-takashi@tokodai01.onmicrosoft.com


謝辞

本研究は次の支援を受けている。

科研費 若手研究(研究代表者:新潟大学 白川展之准教授)

「大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究」(19K14279、期間:2019.04.01–2023.03.31)

最新記事

すべて表示

3/13「大学が学術出版をする意義と方向性(4)新オープンアクセス方針に対応する出版オプションとしてのJIG」

研究・イノベーション学会「大学経営研究懇談会」では定期的に大学が出版機能を担う意義について考える研究会を開催しております。 第4回は、日本語にも対応した 世界初のオープンリサーチ出版である「Japan Institutional Gateway (JIG)」を題材に健全な学術コミュニケーションの発展のための出版のあり方や大学の貢献について考えてまいります。 1.開催日時 2024/3/13(水)1

1/10「続・学術コミュニケーションと出版」(オンライン開催)

研究・イノベーション学会第38回年次学術大会 企画セッションにて 「続・学術コミュニケーションと出版」を開催いたしました。 講演資料 宮入暢子「学術コミュニケーション:大学図書館からの視点」 鈴木哲也「学術書出版の現場に見える4 つの風景」 林和弘「学協会出版からみた大学の情報発信の可能性」 髙橋愛典「当然、紀要の味方です」 そのときの議論を受け、このたび学術出版に関する次のような論点をテーマにし

URAと民間企業による研究支援サービスとの協働(12/1 オンライン開催)

令和元年、文部科学省は研究者の研究環境を向上させ、我が国における科学技術の推進及びイノベーションの創出に貢献を目的に、一定の条件を満たした民間企業が提供するサービスを対象とした「研究支援サービス・パートナーシップ認定制度(A-PRAS)」を創設しました。 https://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/kihon/1422215_00001.htm 本研究会では認定サービ

bottom of page