top of page

【開催案内】 オンライン研究会「大学が学術出版をする意義と方向性(1)」2023/2/3(金) 18:30‐19:30 講演者:吉岡(小林)徹 氏(一橋大学)

更新日:2023年1月30日


研究者の社会的使命は、学術研究の発展に貢献することです。研究者にとって学術論文や学術書(以下「学術論文等」)で研究成果を発表することは、代表的な、そして最も大切な責務とっても過言ではありません。そして、この研究成果の普及と批判的な考察において重要な役割を担っているのが学術論文や学術書です。学術論文等の出版により研究成果は広く社会に還元され、同時に専門家による批判的考察が行われます。学術論文等について考えることは、責任ある研究のあり方について考えることでもあります。

上記のような認識のもと研究・イノベーション学会「大学経営研究懇談会」では定期的に大学が出版機能を担う意義について考えてまいります。第1回目は、商業雑誌である「一橋ビジネスレビュー」を題材にして


・学術研究の社会還元のあり方

・学術コミュニケーションのコスト、ベネフット、アウトカム

・大学の果たすべき役割


について参加者とディスカッションできることを楽しみにしております。


1.開催日時

2023/2/3(金) 18:30‐19:30 オンライン開催

2.講演者 

吉岡(小林)徹 氏

一橋大学大学院経営管理研究科 経営管理専攻 専任講師

一橋大学イノベーション研究センター 専任講師

3. 参加申込

次の入力フォームに必要事項をご入力ください。(参加費:無料)



4.問い合わせ先

研究・イノベーション学会 大学経営研究懇談会 幹事

原田 隆 harada-takashi@tokodai01.onmicrosoft.com


大学が、学術研究の「中心となる場」として機能してきたことは、社会の共通認識であり今後も期待されています。そうした「場」としてこれまで大学は、時には出版社との協力のもと、大学紀要、機関誌、研究叢書、ワーキングペーパー、ディスカッションペーパーなどの媒体を提供し、出版機能も担ってまいりました。しかし、近年、学術分野にも及んだグローバル競争の激化、イノベーションへの貢献や安全保障上の新たなリスクへの対応への期待など、大学をめぐる状況は急変しています。日本の大学はこれらに加え運営費交付金の減少や少子化による財政問題にも直面しており、大学の出版機能について再考する時期と考え、本懇談会では、大学が出版機能を担う意義について継続して考えていくことにいたしました。大学の置かれた状況や大学を取り巻くステークホルダーの期待が変化する中、大学は「何を変えるべきか」、「何を変えてはいけないのか」、そして「新たに何をするべきか」という問いについて今後も取り組んでまいります。


共催:紀要編集者ネットワーク

https://kiyo.cseas.kyoto-u.ac.jp


謝辞

本研究会は次の支援を受けております。

科研費 若手研究(研究代表者:新潟大学 白川展之准教授)

「大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究」(19K14279、期間:2019.04.01–2023.03.31)

最新記事

すべて表示

3/18「イノベーションエコシステムの形成とステークホルダー間の協働のあり方: mercari R4Dにおける研究開発とデータセット提供に関する取組」

株式会社メルカリの研究開発組織「mercari R4D」は、産学官といったコミュニティの枠を超えて共に課題発掘を行いながら、循環型社会への実現に向けて、社会実装を目指した研究開発を行うことを目的に2017年に設立されました。取り組みのひとつとして、フリマアプリ「メルカリ」の出品データを大学等へ無償で提供するなど、学術コミュニティ全体への貢献を目指した活動も行っております。 本研究会では、R4Dの事

3/13「大学が学術出版をする意義と方向性(4)新オープンアクセス方針に対応する出版オプションとしてのJIG」

研究・イノベーション学会「大学経営研究懇談会」では定期的に大学が出版機能を担う意義について考える研究会を開催しております。 第4回は、日本語にも対応した 世界初のオープンリサーチ出版である「Japan Institutional Gateway (JIG)」を題材に健全な学術コミュニケーションの発展のための出版のあり方や大学の貢献について考えてまいります。 1.開催日時 2024/3/13(水)1

1/10「続・学術コミュニケーションと出版」(オンライン開催)

研究・イノベーション学会第38回年次学術大会 企画セッションにて 「続・学術コミュニケーションと出版」を開催いたしました。 講演資料 宮入暢子「学術コミュニケーション:大学図書館からの視点」 鈴木哲也「学術書出版の現場に見える4 つの風景」 林和弘「学協会出版からみた大学の情報発信の可能性」 髙橋愛典「当然、紀要の味方です」 そのときの議論を受け、このたび学術出版に関する次のような論点をテーマにし

Comments


bottom of page